ハードディスク(HDD)の復旧ガイド

更新日:2014年11月25日

ファイルの削除、光回線からのパソコンのウィルス感染、電源不良または雷による物理障害、間違ってのフォーマット、重度なアプリケーションクラッシュ、突然アクセスできなくなったパーティションやドライブといった記憶メディアの物理的な損傷・・・しかし、諦めるのはまだ早いです。

ハードディスク本体やOSによってデータ復旧方法が違います。ですが、直せないということは100%言い切れるわけではありませんが、0ではありません。自分で復旧できないのなら、専門業者に任せるという手もあります。

ハードディスクが動かなくなったら

ハードディスク復旧用のフリーソフトについてまとめました。ハードディスク復旧を無料ソフトで実行(或いは試せる)できます。

共通しているのは、ハードディスク復旧が必要な状態になった場合は、WiMAXを比較に必ず「別のパソコン」にこれらのソフトをインストールするという事です。理由は、ハードディスクの中にあるデータの位置とデータの保存場所を狂わないようにするためです。

また、ハードディスクを復旧するパソコンは一度全ての処理を止め電源を完全に落とします。MACの場合はアンマウントします。別PCより以下の様なハードディスク復旧用のフリーソフトを使う事によりデータを復旧させることができる可能性が高いです。

AOSテクノロジーズ ファイナルデータ9.0プラス 特別復元版
データ復元の定番のソフトです。間違って消してしまったファイルやシステム異常により見えなくなったデータを復元・復旧・修復・データをリカバリーさせることが可能です。尚、体験版にはデータを復元する機能はありません。下手にフリーソフトで復元すると、データを上書きなどをしてしまい、データを復旧させる可能性が低くなることもあるので、可能ならば購入をお勧めします。
EasyRecovery
ハードディスクの復旧の決定版というべきソフトです。ハードディスクの復旧だけでなく、オフィスファイルの修復が可能な復旧ソフトになっています。間違って削除してしまったデータを復旧させることができるほか、ハードディスクの健康状態診断機能による消失予防も可能になっています。
データレスキュー3
世界中のMacユーザーがデータ復元ソフトの中で一番評価しています。驚きのデータ復旧能力、削除データ検索機能が強化され、 Snow Leopard OSに対応しています。プロのリカバリ企業でしか使われなかった高度技術が、家庭用ソフトとして登場しました。Apple社が世界のオフィスで従業員向けに導入しており、信頼のソフトウェアといえます。

ハードディスク故障時にやってはいけない3つのこと

いざハードディスクに障害が発生したときに、どう自分が動くべきでしょうか。まずは落ち着いて行動するべきです。一言でまとめれば「むやみに触らないこと」です。

ハードディスクが故障しているときに”やってはいけないこととしては、次のような行為があります。

パソコンの再起動
よくトラブルが起きると再起動を繰り返すことがあります。つい、パソコンの再起動を何度か試したりすると思いますが、これはハードディスクにとても負担をかけ壊れてしまうことがあり、正常なファイルまでも壊してしまうことがあります。
フリーのファイル復旧ソフトを使う
フリーのファイル復旧ソフトがハードディスク全体にスキャンをかける際に、ファイルシステムが破損してしまうことがあります。
ハードディスクを開封
パソコンの知識があるユーザーに多いのですが基板を交換したり、ヘッドを取り出したりするユーザーもいるそうです。精密機器であるハードディスクはクリーンルームではないところで開け閉めして通電すると、ディスクに傷がついてしまって、直せなくなります。基板はロットごとに違うので交換するとヘッドが正常に動かなくなり、このことでディスクに傷がつくこともあります。

ハードディスクを壊れにくくする方法

ハードディスクが一旦故障してしまうと素人が簡単に修理できるモノではありません。
そこで、壊れ難くする為にはどうしたらいいか考える必要があります。
ハードディスクの寿命を縮める要因は主に2つあります。

キーワードは「温度」「起動&停止」です。前者の温度については物理障害、論理障害の両方の原因となりやすく、ハードディスクに一番負荷がかかりやすいです。ハードディスクが動作する最も最適な温度は20~40度と言われています。

熱が高くなるのはよくないのは有名ですが、逆に温度が低すぎてもハードディスクにはよくありません。ですので、寒い部屋(とくに冬)に負荷がかかる動画のエンコードなどの作業をするのは寿命を縮める要因になります。

寿命を縮めないためにも電源を入れて20分ほど放置して暖機運転させることを心がけましょう。

新着記事一覧

Ads by LINK

デフラグでファイルを最適化して、動作を高速化 3/3

Defragglerでデフラグを実行の効果 定番ベンチマークソフト「CrystalDiskMark 3.0.1」(ひよひよ氏作)でデータ量を100MBにしたときの結果をデフラグ前・後と比較しました。 『デフラグ...

デフラグでファイルを最適化して、動作を高速化 2/3

Defragglerでデフラグを実行 断片化のチェック まずはどれだけ断片化しているかをチェックするために、調べたいドライブをクリックしてから「解析」をクリック ドライブの解析が完了すると、断片化の割合が表示...

デフラグでファイルを最適化して、動作を高速化

使えば使うほど起きてしまう『断片化』 パソコンを使っていると、必ずデータを書き込んだり消したりということをします。そのデータを扱っているデバイスがハードディスクなのですが、ファイルの書き込み、削除を繰り返すとファイルの断片化...

ハードディスクの調子が悪くなったらCHKDSK (Vista/7編) 2/2

ハードディスクのエラーチェックを実行する手順 ここでは、Windows Vista/7/Server 2008でのチェックディスクの方法をご紹介します。 デスクトップ画面の左下にあるWindowsのロゴをクリックし、表示さ...

ハードディスクの調子が悪くなったらCHKDSK (Vista/7編)

Windows OSに標準搭載されているエラーチェック Windows OS に備えられている機能に「チェックディスク(CHKDSK)」(Windows 9x系ではスキャンディスク)があります。これは、各ハードディスクのエラ...

人気記事ランキング

使えば使うほど起きてしまう『断片化』 パソコンを使って...

Windows OSに標準搭載されているエラーチェック ...

そもそもSSDって何モノ? SSDとは「ソリッドステー...

HDDが動かなくなる原因は、主に2つのケースがあります。 ...

ハードディスク(Hard Disk)ドライブとは、データを保...